ドクウツギ

 ドクウツギの実には神経毒が含まれていて、食べると中毒をおこし、七転八倒の上ときには死にいたるという。花かつぼみか、ドクウツギは雌雄異花同株、雌雄とも花は小さく緑色で目立たないが、受粉後の子房を花弁が包んでともに肥大して1センチほどになる。果実は生長にあわせて韓紅色となり、のちに黒熟する。
ドクウツギ
ドクウツギ(photo/2013.07.11)

ドクウツギ” への2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 1db8e78834bc1c9da175c29fd10ad4da
    恐いもの見たさじゃないですけど、御目文字したいです。
    雰囲気としましては、すご~く可愛いですね!
    山野に普通にあるものなのでしょうか?
    毒性のあるものは始末に負えなくなるのでできるだけ避けてますけど、
    あまりの獣害に悲鳴を上げ、今は頼りにしたい心境です。

  2. SECRET: 0
    PASS: a65483de95448d88af85b9c86414d7ed
    こちらの日本海沿岸の荒地に、普通に生えています。
    今色も綺麗だし、コロコロしていて可愛いけど、熟すとピンクの
    部分が黒くなって、不気味な様相になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です