ミミナグサ

 ナデシコ科は難しいけど、ゴールが形成されるミミナグサは覚えられました。春にのばした茎は、花を咲かせると結実後に枯れてしまうけど、茎の根元からのびる側枝にゴールが形成されます。
160723-2

ハマウツボ

 ハマウツボはヨモギ属に寄生する寄生植物で、オホーツクの原生花園ではハマオトコヨモギの根に寄生しています。最近は見つけることが難しくなっているようで、自力では見つけられなかったので、サロマ湖ワッカネイチャーセンターのスタッフに教えていただきました。
160723-1

オオケタデ

 この時期は、華やかな花が少ないけど、赤紫色の花が綺麗なオオケタデの開花が楽しみですね。花の中は淡い色合いが、華奢な白い蘂をもりたてています。
 オオイヌタデと勘違いしていることもありますが、オオイヌタデは在来種ですが、こちらは帰化植物で観賞用に植えられたものが野生化しました。茎に毛が密生するので「大毛蓼」
オオケタデ

キクニガナ(チコリ)

 空色の花が、いっぱい咲いています。軟白栽培をすればチコリですが、いつの間にか野生化して、道端で群生するようになったんですね。同じ仲間にキクヂシャ(レタス)がありますが、こちらは黄色い花が咲きます。
 小花は舌状花だけで、空色の花弁に藍色の柱頭や花柱に合着した集葯雄しべが、涼しそうです。
キクニガナ

クロバナロウゲ

 湿原の水辺に咲く、クロバナロウゲ。限られた場所でしか見ることができませんが、暗紫色の花が咲いています。葉はワレモコウに似ていて、花が咲かないと分からないくらいです。中層ないし高層湿原でナガホノワケモコウといっしょに生えているのを、稀に見ることができます。萼に特徴があり、副萼を含めると10枚になります。
クロバナロウゲ

タニマスミレ

 あまり見かけないような気がするけど、珍しいスミレなのかな? 側花弁基部の毛がもじゃもじゃで綺麗だったので、写真を撮ってきました。初めはアイヌタチツボスミレかと思ったのですが、地上茎が無かったので帰ってから図鑑で調べました。
タニマスミレ